カクテルの作り方の汎用性というものは

汎用性というものを考えて行うカクテルの作り方は、自分らしい色をそこに作り出すことができると聞きます。
特に最近は一般のお店で売っているお酒も多種多様になっているので、それぞれの味を組み合わせてブレンドできます。
国が違うお酒同士を組み合わせると、そこに国際的な味の深さが生まれます。
実際に紹興酒とワインを組み合わせたら、なんともいえない味になりました。
カクテルの作り方は人それぞれですが、そこには絶対的なおいしさの法則などがあり、それに沿って作ると失敗が少ないとも聞きます。
ただ、オリジナル性を重視するとこの法則からはどうしても逸脱します。
自分が飲む分にはその逸脱した感じがちょうどいいと感じる人も多いようです。