パチスロを打つときに考えることは

私はけっこう休日にはパチンコ屋さんに行って、パチスロを打つということがあるのですけど、最近のものは昔のアニメとか漫画のキャラクターとかを使っていて、私たちの記憶の琴線に触れるようなものが多くなっているのです。これは、ある意味で私たちのような世代をターゲットにしているということも考えられますけど、実際に私たちも興味があるからやるのであって、遊ばせてもらっているという感覚があるのです。

よくこの手のものはギャンブルで、勝たなくては意味がないと必要以上にはまる人がいますけど、私はこの手のもので生活をしているのではありませんし、せっかく遊ぼうというのですから勝ち負けは抜きにして楽しく打ちたいということがまず前提としてあるのです。

これは、多少なりともギャンブル性のあるこの手の遊びにおいては邪道なのかもしれませんけど、私の場合はカミさんからお小遣いをもらって遊んでいる身でもありますし、こういうものにかけるお金というのは小額のほうがいいというふうに考えているため、これが一番いいスタイルということになっているのです。