不動産業界における水曜日休みの意味

大学を卒業してから、ずっと不動産関連の会社で働いている本郷 智祥です。

ずっと同じ業界で働いていると、ライバル企業も、取引先も、街中の不動産屋もどこも水曜日が休みなので、それが当たり前のように思っていました。

基本的に顧客に合わせるため、他の方がお休みの土曜と日曜に営業をするのは当然だと思うのですが、どうして水曜日が休みなのか、考えたことがなかったです。

先日、娘に何故パパは水曜日が休みなの?と聞かれて、初めて調べてみました。
理由としては、水曜日は水を連想させるため、契約が流れるというのを忌避して、水曜日を休みとしているらしいです。

確かに不動産は大きな取引ですので、縁起を担ぐことも大切だなと思いました。
街中にある不動産屋さんなどでは、事務所の中に立派な神棚を構えていらっしゃるところも多いことを思い出して、なんだか納得です。

私の場合は水曜日が完全に休み、というわけではなく、営業という仕事柄、どうしても休日出勤をしなければいけないこともありますが、基本的には水曜日は休みです。