パンの新しい魅力に気付きたくて買った本

普段から口にしている食べ物についての知識を深めると、その食べ物をより愛せるようになる事が、白夜書房の本を読んでいるだけで学べました。
私が読ませてもらったのはパンに関する本で、パンの研究を続けている方が書いているだけあって、パンの生地が美味しく感じる理由から学ぶ事ができます。
自宅で作るパンと比べて、プロが作るものはどうしてあんなに美味しいのかという理由が、本を読んでいるだけでも分かるのが楽しかったです。
その情報を知っただけで、自分のパン作りの腕前も更に上がってきたと感じられていますし、パン屋さんに足を運びたい気持ちも大きくなってきます。
自分は普段からパンを口にしないという人も、今までに食べてきたパンの種類は少なかったのだと気付けて、新しいパンの魅力が分かってくるはずです。
この本を読む事によって、身近なところに有名なパン屋さんがあった事に気付けたのも、試しに本を読んでみて良かったと思える点でした。