パスワードロック以上のセキュリティが可能なファイルセキュリティ

私はソフトの開発を仕事にしている関係上、作ったプログラムが転用使用されることを防ぐ手段に苦労していました。
プログラムの内容自体にプロテクトをかけて中身を見られないようにはしていましたが、内容が見られないだけで、使用をできてしまうわけです。
なんとか、送付したプログラムを転用使用させない手はないものか?と考えていた私に朗報が届きました。
ファイル暗号化・追跡ソリューションFinalCodeの情報でした。
一般的なパスワードロックではファイルの開封者にパスワードを教える必要があり、そのパスワードが分かれば開封者以外でも転用使用が可能になってしまいます。
しかし、FinalCodeは、パスワード自体がありません。
開封者を限定して暗号化できるのです。
受信した人が無断で第三者にファイルを転送しても開き方を教えることができないわけです。
その上、ファイルの追跡と削除が可能なので不正使用を防ぐことができるのです。
それどころか、ファイルを送信した最初の受信者に対しても閲覧できる日付や日数を指定することができます。
指定した制限を超えた場合、相手のパソコンからファイルを削除できるのです。
この機能は非常に私のようなプログラム作成者にとっては非常にうれしい機能です。
相手にお試し期間としてプログラムを送信して、ある時期がきたら削除されるわけですから、お客様にプログラムを作成途中でチェックしてもらうことが可能になりました。
ファイルセキュリティソフトのおかげで、逆にお客様と密な関係になることができるようになりました。
従来のファイルセキュリティとの違い|FinalCodeとは|FinalCode(ファイル暗号化・追跡ソリューション)