個人指導コースではカウンセリングや保護者との連携を密にしているメック

日本で医師になるためには医師国家試験に合格しなければなりませんが、効率的な学習を進める為には、大学の講義や自宅での独学というスタイルでは、徐々に難しくなっていく試験に対抗する事が難しくなって来ました。
もし医師国家試験や在籍大学での卒業試験並びに、学年試験を知り尽くしたエキスパートがフォローアップしてくれる予備校があれば適切な指導の元で効率良く、学習を進める事が出来るでしょう。
メックはその様な声を反映した冒頭で述べた様な試験に対応し、様々な学習メニューを取り揃えています。
メニューの内容を大まかに言えば、各学年向けのコース・既卒者向けのコース、そして個人指導に分けられるでしょう。
その中でも現役生に90%以上の支持されているのが個人指導コースであり、メックの個人指導コースではチューターと呼ばれる専属講師が個々人の得意・不得意分野を分析した上で学習プランの作成を実施するという体制を取っているのです。
更にはチューターとのカウンセリングや、保護者との連携を密にして最適な学習が出来る環境を整え学習に専念出来る様にします。